買取が付かない中古トラックは輸出業者へ

長年愛用したトラックを中古トラックとして売りに出そうとしても
買い取りが付かないことがあります。

 

長年使う事によって、修理歴、排ガス規制対象車、故障などのトラブルなどで、
買取が難しい、もしくは値段の付け方が特別になる場合も起こりえます。

 

そして、中古トラックとしては二束三文の買い取りか、
廃車という選択肢を選ばざるを得ない場合も出てきます。

 

しかし、それは国内の中古トラックとして売りに出した場合であり、
輸出業者への買い取り依頼ならば、
それどころか高値で買いとってくれる場合があります。

 

その理由として、海外ではまだまだ日本産中古トラックの需要は
はるかに高いということからでしょう。

 

もはやスクラップの物、廃車、低年式車、走行距離不明などの問題があるトラックでも、
中古トラックとしてではなく、中古トラックの部品として解体されて、
輸出がされることにより、輸出業者は買い取ってくれることがあるのです。

 

このような輸出業者は、
同時に一般の中古トラックの買い取りも同時に行っている場合もあるので、
売りに出したい時は、輸出と買い取りを同時に行っているお店を選び、
中古トラックとしての一般の買い取りか、輸出用の買い取りか、
部品要因としての買い取りかを判断してもらいましょう。

 

一見、廃車となりそうな中古トラックでも、
廃車専用の買い取りのお店がありますので、
一般店でだめでも、廃車専用のお店も検討してみましょう。

 

長年愛用したトラックは状態が良くなくても、必ず次の役割や機会があるので、
適材適所のお店に任せましょう。