中古トラックの査定基準

一般的に買い取り金額が高くなる自動車は年式が新しくて、
走行距離が短く、内外装がきれいというのが相場です。

 

トラックも同様の査定基準ですが、
トラックには他にも重要なポイントがあります。

 

それは、「無事故」「無修理」「ワンオーナー」というものです。
 
2トンクラスのトラックで400万円前後、
大型トラックでは1000万円程の価格になっており、
資金力のあまりない企業には手が届きません。

 

そのため中古トラックを買って事業をすることも珍しくありません。

 

トラックを使って事業をする企業にとって、
劣化があまりないことが重要なポイントになります。

 

そのため、ワンオーナーや年式の新しいトラックが人気になっており、
査定価格も高くなります。

 

また、無事故、無修理も重要なポイントです。
中古トラックは様々なオーナーを渡り歩いているので、
売りに出されている中古トラックも傷みが激しいトラックが多いのが当たり前という中で、
ワンオーナーで傷みが少ないということが、
買い取り業者にとって大きな売りになり査定価格が高くなる要因になっています。

 

他に査定でチェックされるところは、エンジンやミッションなどから異常音はないか、
サスペンションなどの駆動系の機能、
キャブの内外装に傷やへこみ、破れがないか、
臭いや色あせがないか、なども査定対象になります。

 

もちろんボディの錆びやフレームの錆び、歪みなども重要な査定基準になります。
中古トラックは年式と走行距離が基本的な査定基準です。

 

しかし、それ以外の部分では普通自動車に比べて、
あまり細かくはチェックされないのが現状のようです。