中古トラックの値引き交渉に最適な時期

一般的に、中古トラックを安く購入しようと思ったら、
まず販売店での値引きや安く購入できる時期がいつ頃なのか気になると思います。
そこで、その時期について調べてみました。

 

販売業界では、夏休みとかお盆休みという時期は、売上が低迷すると言われます。
また、時期的には2月も同じように売上が伸びないようです。
だからこそ、この業界では8月は中古トラック販売の売上を伸ばすために
しのぎを削って販売合戦に力を入れています。
このため、値引きによる販売交渉も盛んに行われているようです。
しかしながら、決算前の2月は値引きはほとんど駄目なようです。

 

ではどうしてなんでしょうか。
普通であれば、決算前の時期になると少しでも売上を上げるため
必死になって販売活動をやるものです。

 

実はこの時期は、中古車よりも主に新車の売上が延びる時期であるため、
下取りや買取業者への転売が増えるようになるのです。
このため、多くの中古車や中古トラックが市場に出回るようになります。
そうなると、中古トラックを買うには絶好の機会となり、
購入者が増えることになるのです。
そのため、あえて値引きをしなくても業績は上がる見込みがあり、
値引きをする販売店が減るわけです。

 

ただ、販売店にも色々な店があり、
一概にこの時期が安くなるとは限らないようです。

 

お店によっては、いつでも値引きをしてくれる店もあれば、
まったくしない店もあります。

 

ようするに時期にはこだわらないで、買いたい時に買えばいいと思います。
大事なことは、安いに越したことはありませんが、
整備不良な中古トラックを買わないようにすることです。