トラックの日常点検

トラックや普通自動車のドライバーは適正な車両の管理が義務付けられています。
所有者の責任で車の安全を確保しなければならないと定められています。

 

トラックは1日1回の点検が義務付けられています。
特に中古トラックを購入した場合は、
様々な箇所が消耗しているので、毎日の点検が重要です。
 
点検を行うときは、平坦な場所で行い、タイヤに輪止めをかけておきます。
パーキングブレーキを効かせて、ギヤをニュートラルにしてから点検を行いましょう。

 

タイヤの点検

 

タイヤの空気圧をチェックします。
標準的な空気圧に調整しましょう。
タイヤに亀裂や摩耗がないかチェックして、
金属などが刺さっていないかもチェックします。

 

タイヤの溝が1.6oになるとスリップサインが出るので
その際はタイヤ交換をする必要があります。
ホイールナットやホイールボルトの脱落や破損、サビなどがないかチェックします。

 

ブレーキの点検

 

ブレーキ液がMINより少ない場合は補給する必要があります。
しかし、OIL LEVELより超えてしまうと故障の原因になってしまうので注意しましょう。
ブレーキペダルの踏みしろが適正で、引っかかりがないか確認します。

 

エンジンの点検

 

エンジンのかかり具合と異音がないかチェックします。
エンジンオイルと冷却水の量が適当かチェックします。
エンジンを加速させたときに、アクセルペダルに異常がないか、
スムーズに回転するか確認します。

 

バッテリーの点検

 

バッテリーの液量がLOWERより少ない場合は補給する必要があります。

 

ランプ類の点検・点灯状態
車幅灯、ヘッドライト、ウィンカー、ブレーキ、ハザードなどが正常に点灯するか、
また、汚れや損傷がないか確認します。

 

日常点検を怠ると事故や故障の原因にも繋がるので、
毎日しっかり点検をしましょう。

軽トラックを中古で買う

中古トラックと聞いても大型、中型、ダンプなど様々ありますが、
一番需要が高いのはやはり、軽トラックでしょう。

 

業者利用、個人利用、様々な所で様々な使われ方をされる軽トラックですが、
もちろん、たくさんのモデルがあり、同時に多くの中古軽トラックも出回っています。

 

そんな中古の軽トラックですが、
どのようにして買えば一番安くて確実に買うことができるのでしょうか。

 

まず、中古の軽トラックはとにかく沢山出回っているため、
沢山の店が保有しています。
つまり、他の大型、ダンプなどの特殊トラックと違い、
店の選択肢が多いという事です。

 

その中から、安くて、状態の良いものを選びましょう。
選ぶモデルも、新型モデルもあれば、一代前の型落ちなどもあります。
基本的に一年に一回モデルチェンジがされるので、
型落ちが一年ごとに出てくるわけです。
型落ちモデルは新型モデルと比べて安く手に入れることができるので、
新型にこだわらない限りは型落ちモデルを選ぶのも良いでしょう。

 

車種も選択の内に入ってきますが、
出来れば一番人気のある車種を選んでおいたほうが良いでしょう。
一番人気という事は出回っている数も多く、
何かトラブルがあった際も対処しやすいという事を意味します。

 

軽トラックは中古で買えば、状態やオプションなどで価格の変動はありますが、
大体50〜100万円の間で買うことができるとされています。
何より大事なのは自分で事前に買う車種や、点検・確認箇所を調べておくことです。

 

いくら安くても、壊れやすくては意味がありません。
できればネットオークションなどではなく、自分の目や手で確認できる、
店舗での購買をおすすめします。
 

更新履歴